緑色レーザーポインターの選び方:

1.ちょっと暗い場所で 白斑をよく見てください。レーザー点の周囲に明るい斑があると、レンズが不合格の証明です。
2.白斑は完璧な丸点ではないかをよく観察してください:2m以内
3.射し出したばかり光の明るさは暗くから明るくなるのではないかを観察してください。この状況があれば、レーザーポインターの回路とかLDとか問題があります。

532nm緑色レーザーポインターの作業原理は:
非線形結晶体(KTP結晶体)によって、赤外半導体レーザーポインターから発射した1064nm赤外光の波長を転換にして、532nm緑色光を発射にします。直接半導体レーザーポインターから緑色光を射し出すのではなく。KTPの値段は結構高くて、完成品にできる率も赤い光ほど高くない、いろんな原因によって、緑色光の値段は赤い色光よりずいぶん高いです。緑色光の方がより安全です。

表示 81 ~ 94 94件中 (5 ページ)

532nmのレーザー作業原理

緑色レーザーポインターから射し出した光の波長は532nmで、Class IIIAに属する。グリーンレーザーポインターの光はちょっと客観で、目に対して危険性が高い。出力 パワーが高ければ高いほど、危険です。普通、5mwは良く使える、アメリカ市場は5mwのレーザーポインターは認めますが、5mwを超えると、特別な承認が求められています。使用時、ご注意してください。目へ、怪我し易い所へ射さないようにお願いします。そして、反射でレーザー光を目に入るのも予防すべきです。