高出力 グリーンレーザーポインター用途

1.緑色光は赤い色より明るくて、多く使われます。建物販売で地形の模型を説明する時の指示、会議中教鞭の代わりに使う、運転教習所で教学する時の指示、ガイド指示、天文愛好者説明に用いる、工事指示、マッチに火を付ける、災難区指示、カラス撃退など、たくさんの用途です。 弊店は組合せレーザーポインターを揃っている。普通のペン型レーザーの上で、ほかの電子機能を追加する。たとえば、頭満天星効果アダプタを付けて、回転して満天星図案を出します。文字を書く機能も増加する。LED懐中電灯機能、2色一体、3色一体、2色レーザー+LED機能、8in1満天星効果図案、6in1満天星図案、安全ロック機能など。

表示 61 ~ 80 95件中 (5 ページ)

グリーンレーザーポインターの機能特性

緑色レーザーポインターから射し出した光の波長は532nmで、Class IIIAに属する。グリーンレーザーポインターの光はちょっと客観で、目に対して危険性が高い。効率が高ければ高いほど、危険です。普通、5mwは良く使える、アメリカ市場は5mwのレーザーポインターは認めますが、5mwを超えると、特別な承認が求められています。使用時、ご注意してください。目へ、怪我し易い所へ射さないようにお願いします。そして、反射でレーザー光を目に入るのも予防すべきです。

焦点を調節する:

頭は回転できる。頭を内側へ回転して、これ以上回らない時、焦点は遠くにあります。レーザービームは平行ビームで、燃える能力は小さい。頭を外側へ回すうちに、白斑はずっと大きくなる、焦点は光出口にどんどん近くなる。焦点は光出口の近くになった時、紙を燃える、風船を爆発できる、板も切断できるなど。
(注意:フォーカスはビームに移動する範囲は有限で、初心者は焦点を見つけることができない、火を付けていない場合もあり、もっと熟知する必要がある。発送の前に、うちはレーザーポインターの機能をテストする、ご安心ください)

グリーンレーザーの種類

早期のレーザーポインターは波長633ナノメートル(nm)のヘリウムネオン(HeNe)気体レーザーです。通常に生産能量1ミリワールを超えないレーザー束に使います。一番安いレーザーポインターは波長670/650nmに近い深紅色のレーザーダイオードを使います。ちょっと高いのは635nmの赤-オレンジ色のダイオードを使い、635nm波長は人の目で識別易いです。その他もいろんな色があります。よくあるのは波長532nmの緑色光です。