レーザーポインター 原理

グリーンレーザーポインターグリーンレーザーの作業原理
グリーンレーザーポインターは今一番流行っているレーザーポインターです。なぜなら、グリーン光はレッド光より6倍ぐらい明るい。ビームはレッド光よりはっきりしている。値段は青い光と黄色い光より安いです。だから、レーザーポインターなら、緑色レーザーが一番!

グリーンレーザーの作業原理

グリーンレーザーポインターの機能特性:
緑色レーザーポインターから射し出した光の波長は532nmで、Class IIIAに属する。グリーンレーザーポインターの光はちょっと客観で、目に対して危険性が高い。出力 パワーが高ければ高いほど、危険です。普通、5mwは良く使える、アメリカ市場は5mwのレーザーポインターは認めますが、5mwを超えると、特別な承認が求められています。使用時、ご注意してください。目へ、怪我し易い所へ射さないようにお願いします。そして、反射でレーザー光を目に入るのも予防すべきです。

空気分子のレイリー 散乱の 原因があるので、夜の中も低出力のグリーン光が見えます。このようなレーザーポインターはよく天文愛好者達に、恒星と星座の射すに用いられます。
グリーンレーザーポインター1mwは一番安全で、暗い所でも見えます。
人の目はグリーン光に対する敏感度は赤い光より強いです。
緑色光は空気中の散乱は赤い光より多い。

レーザーの原理-紫色レーザーポインター

波長405nmの青紫色レーザーダイオードを使用する。半導体レーザーに属する。紫 外 光波長 帯域に近くて、 視認 性が低いですが、蛍光を励起する事ができて、貨幣 検出と化学品検査の機能が揃っています。

レーザーの発射原理と発生過程の特性によって、レーザーは通常光と違う特性を揃っている事が決まっています。
つまり、レーザーは単色性、コヒーレンス、方向性が良いと高 輝度、四つのメリットがあります。レーザーの方向性良いと高 輝度を利用して、医療保健、軍事、偽物識別、セキュリティ、舞台(赤い、緑、青い)光、各種電気工具、測定工具、機器、設備、水平メジャー、定位機、距離測定器、温度測定器、レーザーで線を作る機械、各種板材を切断成型機器、石才機器、木工機器、金属割る機器、包装機械の糸繰り出し、服装類(ミシン、裁断ミシン、自動手動布を裁断ミシン、開封ミシン、 閂 止め ミシン、スプレッデングマシン、刺繍ミシン、捺染 機 、ビーズ付けミシン、ボタン付けミシン、リベット機)、電子測量工具、マウス、Uディスク、撮影機材、携帯、投影教学ページ交換ペン、レーザーポインター、工芸品、室内外飾り、懐中電灯、プレゼント類、玩具類等の製品に汎用されています。迅速で便利で、実用、組み立て簡単。安定で頼りできる。仕事出力を大幅にUPさせます。